評判の良い畳の張替え業者の探し方

畳は、通常「裏返し」と「表替え」または「交換」の作業が必要になります。張替えはこの三種類あります。裏返しは1~5年経過したころに行います。言葉の通り日焼けなどで畳表が傷んでしまったときに畳を畳床から外してきれいな面と入れ替えます。表替えは5~10年ほどで行います。すでに裏返しできれいな面を使ってしまっている場合に行います。最後に交換は10~15年経過したころ行います。畳自体に隙間ができていたり、へこんでいたりするようなひどい傷みがある時に畳表を新しいものに替えることです。畳の傷み具合によって張替えの方法を選ぶと良いです。また、大体の張替えの目安としては5年から10年ほどです。畳の張替えは自分ではできないので専門の畳の張替え業者にお願いすることをおすすめします。

畳の張替えにかかる費用や時間は?

畳の張替えには3種類ありますが、それぞれにかかる費用や時間についてご紹介していきます。まず、表返しにかかる費用ですが、一畳につき4000円から6000円ほどかかります。時間としてはほとんどの場合業者が一度工場へ持ちかえり作業をして納品となりますが、一日で終わります。張替えの中でも一番気軽に行える張替えの作業になります。次に表替えにかかる費用は5000円から20000円程度です。こちらも工場へ持ち帰り納品になりますが、一日で終わります。表替えに利用するイグサの種類で金額が変化しますので業者と相談してみましょう。次に交換ですが、費用としては10000円から35000円ほどかかります。かかる時間は2日から10日です。新しい畳ができてから作業するので、畳がないという時期はありません。

信頼できる、良い畳業者の探し方とは?

信頼のできる畳業者の見分け方は、第一に安売りを強調していないお店を選びましょう。後から高級なものを売りつけられてしまったり、キャンセル料が多くかかってしまったり、そもそもキャンセルができないなど、問題が多いことが多々ありますので、このようなお店は一番に避けておくのが良いでしょう。また、ホームセンターも避けましょう。熟練の作業員ではない方が作業をしますので、仕上がりはよくないですのでおすすめできません。また、持ち込みで安くなるようなサービスも、あらかじめ寸法を測ることがないので隙間ができたりしてしまします。一番おすすめの探し方は、お店や工場を持っている畳の張替え業者さんを探す方法です。熟練の方の作業ですので仕上がりもとても安心です。工場やお店を一度実際に見ておくことをおすすめします。

襖は1枚1,800円(税抜)からご用意しております。材料・手間・配達込みの価格です。 個人のお客様、法人のお客様問わず、スピーディー、丁寧に対応致します。 畳のサイズは同じ家でもそれぞれ違います。しっかりとサイズを測ることで、ぴったりな畳を仕上げます。 日曜・祝日もお客様のご都合に合わせてお伺いします。 初めての方でも安心してご利用いただけるよう、安心、丁寧な対応を心がけております。 初めての畳の張替えも安心!丁寧な対応のまごころ畳