料金が割安な畳の張替え業者の見つける方法

長年使用してきた家の畳が色も褪せてきて傷んできたと気になる方は、畳の張替えを考えるべき時期かもしれません。一般的に畳の張替えは、5年から10年を目安にすると言われていますが、使用頻度や家の環境によっても変わってきます。畳の表面に傷ができていたり、カビやダニなどが発生していたり、上に乗ると畳が沈んでしまったりする場合は早急に畳の張替えを検討する必要があります。張替えを怠ってしまうと、アレルギー症状などの人体への影響や、建物そのものへのダメージにもつながってしまいます。しかし、実際に畳の張替えをすることは、何回も続けて行うことでもないので、どのようにして業者を探せばいいのか迷ってしまう方も多いかと思われます。そんな畳の張替えに関する良い業者の探し方や、業者によっても変わってくる料金の差について紹介します。

畳の張替えに伴う費用の相場について

畳の張替え作業をするにあたって、その方法について理解を深めておくと業者探しにも役立ちますし、費用相場も分かりやすいです。基本的に一度、畳の張替え作業を行うと3万円から10万円ほどの費用がかかると言われていますが、作業の種類によっても内容や費用にも差が出てきます。例えば、畳は両面使用が可能なので、裏返して畳の縁を張り替える程度の作業では、一畳あたり3千円から4千円程になります。また、畳表を取り替える作業を行う場合は、一畳あたり5千円から1万円以上かかる場合もあります。そして、畳の芯材がダメになってしまった場合は、畳そのものを新調することになります。この場合は、一畳あたり3万円になることもあります。最近では、いぐさだけでなくポリプロピレンを使った新素材の畳もあるので、調べてみると良いです。

畳の張替えに最適な業者の選び方

畳の張替えに関する基本的な知識を身につけた上で、業者を選ぶポイントをいくつか紹介します。まず、畳の張替えには国家資格があります。畳制作技能士という資格があり、1級の合格者になるためには時間も技術も必要なので、簡単に取得できるものでもありません。この資格保有者がいる業者は信頼が高いと言えます。それから、説明の仕方も分かりやすく、サンプルや事例集を交えて丁寧に対応してもらえる業者がおすすめです。また、見積書は、単純に費用が表記されているだけでなく、素材やその素材の産地、一畳あたりどれくらいかかっているのかなど、細かく説明されているのかも判断基準のひとつになってきます。こういった点をふまえて、いくつかの気になる畳の業者の見積もりを作成し、比較した上で決定していくと、お得で満足のいく結果が得られることが期待できます。