小鼻にするため鼻を引っ張るマッサージ

日本人は特に鼻の高さが低い人が多く、また小鼻なども広がって団子鼻になっている人なども多くいます。多くの人はできればもう少し鼻が高ければと考えるので、そんな時は手軽に小鼻にするマッサージを実践すると良いです。よくマンガやコントなので鼻の先に洗濯バサミをつけてはさむ描写がありますが、あながちあれも間違いではありません。ただし洗濯バサミ自体ははさむ力が強いので、もっと肌にも鼻にもやさしいマッサージがおすすめです。まず鼻をかむときと同じように、両手の人差し指と中指で小鼻を挟み込みます。その状態からゆっくりと指を眉間へとスライドさせマッサージします。その後鼻の先を軽くつまんで上に引っ張ります。この動作を数回繰り返します。鼻筋周りのむくみを解消し、本来ある鼻の高さに修正するマッサージなので毎日続けることで効果が期待できます。

鼻の筋肉を鍛えて小鼻にする方法

鼻が大きかったり鼻筋がなかたり、鼻の高さがなかったりと鼻の形は多くの人が悩んでいる箇所としてとても多いです。とくに鼻をもっと小さく引き締めたいと考える人は多く、そんな時は自分自身で行える鼻の体操をおこなうことで小鼻にすることが可能です。鼻にもしっかり筋肉がありますので、それを毎日動かすことで鍛えることができます。まずは鼻水をすする時のように鼻を吸って小鼻の部分に力を入れます。すると小鼻部分がキュッと引き締められます。5秒ほどその状態を保ったら、次は息を吐きながら小鼻を通常の状態にゆるめます。この動作を100回ほど繰り返します。最初は慣れない動作となるため、かなり疲れますし鼻筋がいたくなる場合があります。痛みが出た場合はその日は終了します。毎日つづけることで筋肉が鍛えられ、小鼻を小さく引き締める効果が期待できます。

方鼻呼吸法で小鼻にする方法について

自分自身の鼻の形が嫌いだと感じている人は多くいますが、実は鼻は筋肉と脂肪でできています。ストレッチすれば引き締めることはでき、脂肪もへればスッキリとした形にすることができます。では実際に小鼻にする方法ですが、方鼻呼吸法と呼ばれる方法があります。これは名前の通り、鼻の穴の2つのうち1つの身を使用して呼吸をすることになります。まず通常通り呼吸をする場合は、小鼻が空気と一緒に内側に吸い込まれるような感覚になります。この場合吸いこむ場所が2つになっているため、これを1カ所にすることで内側に吸い込まれ力を強くし、鼻を内側に引き締める効果を高めることができます。注意点としては、空気を吸うのは鼻からですが空気を吐き出すのは口から行います。片方の鼻呼吸を片方ずつ5分程度を毎日続けることで、自然と鼻を引き締め小鼻にすることができます。