冷やすことで小鼻にする方法について

小鼻を小さく引き締めたいと考えるひとは多くいますが、どのようにしたらよいかわからない場合も多いです。自分自身で小鼻にする方法はマッサージや鼻の運動や呼吸法などがありますが、そのなかでもとても手軽な方法が鼻を冷やす方法となります。小鼻もしっかりと筋肉でできているので、冷やすことで筋肉が縮小されてキュッと引き締める効果があります。お風呂などに入っている際に、小鼻だけに保冷材などをあてることで筋肉が刺激され結果的に引き締まった小鼻にすることができます。1日5分程度でよいので、毎日つづけることで徐々に効果が期待できます。ただし冷やし過ぎも良くないので、5分から10分以上は冷やさないように注意することが大切です。また冷やすと毛穴が閉じてしまうので、洗顔や毛穴のケアなどを行う場合は、冷やすのは毛穴ケアが終わってからが良いです。

筋トレを行い小鼻にする方法について

顔のパーツの中でも鼻は中心にあり、鼻の高さや形などによって顔の全体的な印象なども大きく変わります。そのため小さく引き締まった鼻にしたいと望む人は多くいます。実際にお金をかけて形を変える人も多いですが、できればお金をかけずに行いたいという人のために筋トレがおすすめです。鼻にもしっかり筋肉がありますので、筋トレをおこなうことで筋肉が鍛えられ引き締まった小鼻にすることができます。方法としてはまずリラックスした状態の鼻の形を覚えておきます。その状態から匂いをスンを嗅ぐ時に小鼻に力をぐっと入れる仕草を行います。鏡を見ながらやると、リラックスしていた状態の鼻が小さくキュッと小さくなるのが分かります。もちろん継続はできず1瞬ではありますが、その鼻をキュッと絞り込む動作を繰り返すことで鼻の筋肉の筋トレとなります。そのさい空気などは吸わずに鼻だけの力で行うとなお良いです。

鼻をつまんだだけで小鼻にする方法について

鼻を高くしたいという人や、鼻を引き締めたいという人は理想の鼻の形になるように自分自身の鼻をつまむ人は多くいます。もちろん多くの人は鼻をつまんだだけでは高くならないと感じていますが、正しい方法で鼻をつまむことで小鼻にすることが可能です。まずは人差し指と親指で小鼻を挟みこみひっぱることで、小鼻全体が持ち上がります。この時強く力を入れ過ぎるのは禁物なので、優しく行うようにします。その状態で鼻から息を吸うことで、小鼻が小さくキュッと閉じた状態になるのでそこで手を話します。吸いこんだ息は口から吐き出すようにして、この動作を1日5分ほど繰り返します。小鼻が小さくなる動きとイメージすると同時に、鼻自体にこの動きを覚えさせるという効果があります。そのため鼻をつまんだだけで小鼻なんて無理とあきらめず、毎日続けることが重要となります。