洗濯バサミを使用して小鼻にする方法

人の鼻には様々な形があり、人によってはチャームポイントになる場合もあればコンプレックスになる場合もあいます。特に日本人の鼻は低い人が多く、高くしたいと考えたり小鼻にしたいと考える人もいます。小鼻にする方法の1つとして、昔から洗濯バサミを利用する方法があります。単純に洗濯バサミで鼻を挟み込むことで、鼻の高さをだし小鼻を小さくすることにつながります。ですが洗濯バサミは洗濯物をはさむように作られているので、はさむ力が強く鼻につけるには痛みが激しすぎて長時間使用などは無理なうえ、鼻を傷つけてしまうのでおすすめできません。なので最近は小鼻専用の洗濯ばさみが販売されているので、それらを利用すると良いです。はさむ力も弱く調整されており、はさんだ状態の形を鼻に覚えさせることで小鼻にすることが可能です。ただし鼻への負担が大きい場合は、あまり長く続けての使用はひかえるのも大切です。

化粧を利用して小鼻にする方法

自分の鼻がコンプレックスだと感じる人は多く、マッサージや筋トレなどを行いながら小鼻がキュッと引き締まるよう努力する人もいます。ですがもっと手軽に小鼻にする方法として、化粧を利用することができます。化粧の場合は鼻自体が小鼻になるのではなく、化粧によって小鼻に見えるようにする方法となります。テクニックとしてですが、ノーズシャドウを利用して鼻筋の両側に影を描きます。次に鼻筋の部分や頬の部分にハイライトを入れます。すると鼻筋が高く小鼻に見せることが可能です。ただしノーズシャドウなどは入れ過ぎると鼻筋がくぼんで見えてしまったり、影が濃すぎると厚化粧だとばれてしまうので程良いグラデーションの用に工夫して化粧することが大切となります。またハイライトなども入れ過ぎると鼻と頬だけが前面に出てきてしまい、全体の印象がその場所へ集中してしまうので目や口などのバランスも考えて化粧を行うとよいです。

美容整形を利用して小鼻にする方法

人にとって身体の様々な部分でコンプレックスと感じる箇所は多くあります。その中でも人に見られることが多い顔のパーツなどは、コンプレックスから隠したり化粧でごまかしたりと様々な方法で良くしようと努力します。とくに鼻の形や大きさななどもっと小鼻にするにはどうしたらよいか、悩む人も多くいます。マッサージや筋トレや化粧といった方法で工夫はできますが、最終的に美容整形を利用する人も多いです。ただしメスを入れるのは怖いと感じるひとでも、美容整形を行う方法はさまざまあり特に小鼻にする場合にはメスを使わずとも行える施術があります。色々ありますが代表的なのは糸を利用することで鼻を小さく整える方法などです。もちろん美容整形自体はお金のかかる方法となるため、手軽にすぐ利用できるわけではありませんがコンプレックスを1つでも克服する方法として利用するのは良いです。