小鼻にするためには大きくしないことも大切

日本人の鼻は海外の人に比べてどうしても高さはたらず、小鼻なども広がっている人が多いです。人種としての特徴でもありますが、やはりキュッと小さい小鼻に憧れる人は多くいます。実際に自分自身で毎日マッサージをする人や、筋トレを行う人など努力を続けている人も多いです。日々の努力はもちろん大切ではありますが、逆に鼻を大きくしてしまう動作なども行わないようにすることが重要です。鼻の中にティッシュをつめて鼻水をかむ方法や、鼻の穴に指を入れてしまう行為や口呼吸といった行動は、自然と小鼻を大きく広げてしまいます。これらの行動じたいは自分で意識しておらず、無意識に行っていることが多く日常的な癖の場合もおいいです。折角小鼻にするための努力をしていても、広げる癖があっては効果は相殺されてしまい小鼻にすることは難しくなります。大きくしないことも普段から注意しておくことが重要です。

小鼻にするためには続けることがポイント

人それぞれコンプレックスとして持っている箇所は異なりますが、顔のパーツの中でも多くの人が気にしている箇所として鼻が多いです。鼻の高さや大きさや向きなどによって、人の顔の見え方は大きな違いがでてくるためよりよく見せるたいと考えます。ですが鼻自体をすぐに形を替えたり高さを替えることは難しいため、マッサージを行ったり小鼻を動かして筋トレを行ったりと、小鼻にするための努力をしているひとも多くいます。他にも呼吸法を取り入れたりと、自分自身で工夫しながら度量を行いますがやはり重要なのはそれらを続けることになります。方法は色々あり実際に効果にも差はありますが、やはり続けることができた人にだけは明確な差ともいえる効果が出てきます。毎日続けることはとても難しく、めんどくさいと感じたり今日だけお休みと考えがちですが、コツコツと継続さえることが重要なポイントといえます。

ノーズグリップを利用して小鼻にする方法

人の顔のパーツの中でも鼻は中心にあるため、人の見た目や印象などに大きな影響のあるパーツの1つとも言えます。鼻自体でその人を決めることはできませんが、多くの人は鼻を良く見せたいと考える場合が多いです。とくに日本人は鼻が低いので高くしたいという要望が強い傾向にあります。そのため小鼻にするするための道具なども市販されており、それらを利用して鼻を小さくすることが可能です。道具には様々な種類がありますが、代表的な道具としてノーズグリップがあります。シンクロをしている選手が鼻につけている道具といえば、とてもイメージしやすいです。鼻をキュッと挟み込む道具であり、矯正的に鼻を高く小鼻にすることができます。一度つけただけではもちろん効果はないので、使用方法を守りながら毎日使用し続けることで鼻を高くし小鼻にする効果が期待できます。